全マシニキは今日も全マシ

秋田県在住。グルメ記事多めのブログです。商品レビューや広告依頼も受付中です。アイコンは自作のラーメンです。

スポンサーリンク

イチローが日米通算4257安打を達成!イチローのスゴさとは・・・?

スポンサーリンク

 

全マシニキは今日も全マシィィィッ!

全マシニキです!

 

今日はやきう記事です。

 

2016年6月15日にMLBのマリーンズに所属するイチロー選手が日米通算4257安打を達成しました(NPBで1278安打、MLB2979安打)

これによりMLB歴代最多安打記録のピート・ローズ氏の記録を抜き去りました。

 

そんなに詳しくないただのやきうファンですが、そのことについて私の考えを少し書かせてください。

 

はじめに 

この記録に対して、賛否は分かれています。

現地では「日本とアメリカの記録を混同するのは違うだろ」という意見もけっこうあるみたいですね。

「レベルの低い日本での成績の加算はMLBのみのピート・ローズの記録とは重みが違う」ということでしょうね。

 

このことに関して言えば仕方のない事です。

日本人もかつて同じようなことを言っていましたしね。

 

過去に韓国プロ野球でシーズン56本塁打を記録したイ・スンヨプという選手がいました(後に日本でもプレーします)

シーズン56本塁打というのは王貞治氏の記録を抜き、当時のアジア記録でした。

※2016年時点ではヤクルトスワローズのバレンティン選手の60本がアジア記録です。

そのことに対して「所詮は日本よりレベルの低いリーグじゃないか」という意見を当時はよく耳にしました。

 

私はリーグのレベルの違いがあろうと、どちらも立派な記録だと思います。

素直に賞賛します。

 

なので今回のイチロー選手の快挙に対して、同じ日本人として誇りに思います(私は何もしてませんがw)

 

 

 

 

イチローの凄さとは・・・?

イチロー選手の凄さなんて野球ファンなら誰でも知っていますよね。

なので詳しくは記しませんが・・・(記載しきれないほどスゴい記録がありすぎるw)

 

ポジションやタイプの違いはあれど、日本野球史上最高の選手だと思っています。

 

私が生きている間にイチロー以上の選手を見れるでしょうか?

もちろんひとりのファンとして、ワクワクさせてくれる新しいスーパースターの出現は望みます。

日本で野手のスーパースターは久しく出てきていません(いい選手はたくさんいますが!)

しかし、イチロー選手が異次元過ぎて見られないんじゃないかという気持ちが強いです。

私の少年時代もイチロー選手はみんなの憧れでした。

みんなイチロー選手のマネをしました。

 

イチロー選手は打撃・走塁・守備、どれを取っても超一流の選手です。

みなさんはその中で、イチロー選手の一番スゴい所ってどこだと考えますか?

それぞれ違った考え方もあると思われますが、私の考えはこうです。

 

長い間、大きなケガをせずに現役を続けていることです。

 

 

イチロー選手のケガ

NPB時代

1999年に試合中のデッドボールにより骨折

2000年に右脇腹を痛め、残りシーズン欠場

大きなケガはこの2つでしょうか。

しかしながら、どちらも規定打席に到達し、首位打者を獲得しています。

 

MLB時代

大きなケガというケガはしていません。

故障者リストに入ったのも2009年の一度きりです(WBCの影響)

メジャーでは15シーズンプレイし、年平均では157試合に出場しています。

21世紀以降では、MLBで一番試合に出場した選手なんです。

 

 

ケガをしないことが一番スゴい

プロのアスリートである以上、どの選手も少なからずどこかを痛めています。

痛くない選手なんてほとんどいないでしょう。

その中でイチロー選手は大きなケガをしないでプロ野球選手として25年目のシーズンを迎えています。

本当にスゴいことです。

 

今までたくさんのケガに泣いた選手を見てきました。

超一流の才能がありながら、ケガによって才能を生かしきれなかった選手が本当にたくさんいます。

有名な選手を挙げますと・・・

元ヤクルト   伊藤智仁

元広島     前田智徳

元ソフトバンク 斉藤和巳

元オリックス  K氏

 

などなど・・・。

読売ジャイアンツの高橋由伸監督だってケガがなければもっともっとスゴい選手だったでしょう。

ソフトバンクホークスの松坂大輔選手だって誰が今の姿を想像したでしょうか?

元MLB選手の松井秀喜氏だって晩年はケガに泣きました。

 

「たられば」を挙げたらキリがないのではありますが、ちょっと挙げただけでこれだけの選手が出てきました。

選手の一番の敵はケガなんですよね。

どの球団の選手であろうと、選手がケガをするというのは悲しいことです。

 

 

一般人だって同じ

私たち社会人だって同じですよね。

健康に気をつけて働き続けなければいけません。

私は社会人10年目になりますが、やはり勤続疲労ってあるんだなって実感し始めています。

子供の頃は「この選手は去年の疲れが残っていて不調」なんて聞くと「んなわけないやんwオフシーズンあったやろw」なんて思っていましたが(ごめんなさい)

 

社会人10年も続けているといつも疲れている感じがします(私の体調管理にも問題あるけど)

ましてや勤続20年、30年のオッサン達なんかもうボロボロですもんね・・・。

私の周りのオッサンは身を削って働き続けボロボロの人が本当に多いです。

私は仕事熱心ではなく、身体を一番に考えて仕事しているので、そこまで心配はないですがw

 

アスリートと比べるのは少し変かもしれません。

それでも自分と比べたらアスリートは本当にハードだなと最近実感するんです。

長く活躍し続ける選手に対しては尚更です。

 

だからイチロー選手はケガせずにまだMLBの第一線で活躍を続けていて本当にスゴいと思います。

 

おわりに

私が30歳を越え、気づけばプロ野球選手は年下ばかりになってしまいました。

同い年の選手が活躍するのは嬉しいです。

しかし、子供の頃から見ている選手が引退していくのはとても寂しいです。

私がプロ野球に興味を持ち始めたのは10歳くらいの時です。

その時から残っている選手はイチロー選手と横浜DeNAベイスターズの三浦大輔選手くらいだと思います。

2015年に多くの選手が引退してしまいましたからね・・・

 

お二人には1年でも長く現役を続けて欲しいです。

イチロー選手は本気で50歳まで現役を目指しているそうですしね!

 

イチロー選手の現役時代をリアルタイムで見てこれたというのは野球ファンとして本当に幸せなことだと思っています。

 

 

 

  

ではでは!今日はここまで!

ごちそうさまでした!

 

 

こちらもどうぞ!

www.zenmashiniki.com

www.zenmashiniki.com

www.zenmashiniki.com

www.zenmashiniki.com


スポンサーリンク