読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全マシニキは今日も全マシ

月間40~50万PVのグルメ記事多めのブログです。商品レビューや広告依頼も受付中です。アイコンは自作のラーメンです。

スポンサーリンク

【かりゆし58】 彼らのライブは本当に温かくて涙が出た。

音楽 ライブ

スポンサーリンク

全マシニキは今日も全マシィィィッ!

全マシニキです!

 

今回はライブ参戦記事です!

2016年4月6日、秋田Club SWINDLEにて、かりゆし58のライブに行ってきました。

 

今年2回目のライブです!

前回のライブも素晴らしく、お土産にインフルエンザを戴いて来ました!

お陰で1週間のゴールデンウィーク出勤停止を食らいました。

みなさんも冬のライブ参戦はインフルエンザにお気をつけください・・・。

 

 

かりゆし58

沖縄出身の4人組ロックバンドです。

今回のツアーはデビュー10周年記念ツアーということだそうです。

ロックとは言っても、沖縄の音楽を取り入れて、ゆったりした「唄を聴かせるバンド」ですね。

 

このバンドとの出会いは10年前でしょうか。

当時、北海道で大学生をしていた私は自堕落な生活をしていました。

毎日、寝るのは朝です。

夜中になるとTVでは数バンドの音楽がエンドレスでかかりながらニュースや天気予報が流れます。

その中でこの曲が流れました。

 


かりゆし58「アンマー」

 

優しい歌声と母を想う歌詞を聴いて私は泣きましたね。

 

 

それ以来、私はかりゆし58の熱狂的ファン・・・とまでは行きませんが、好きでしたw

 

 

普段はこんなノリのバンドばっか聴いてますからねw


【Now On Sale】Hi-STANDARD「Live at TOHOKU AIR JAM 2012」Trailer

 

行くライブもパンクバンドばっかりです。 

しかし転機が・・・

男鹿ナマハゲロックフェスティバル2015 

男鹿ナマハゲロックフェスティバル2016

  

 

2015年に参戦した男鹿ロックフェスティバルでかりゆし58を生で見ました。

やっぱり泣きそうになりました。

ライブがとても温かくて、優しくて、「またライブで見たいな」と思っておりました。

  

そして、2016年4月6日に、かりゆし58が秋田に来るという情報を(妻が)キャッチして、思い切って行って参りました。

 

 

当日

緊張しますよね・・・。

数十本のライブに参戦してきた私ですが・・・。

 

こういうバンドのライブに行ったことがないからどうしよう!

 

客層は?

服装は?

ノリは?

 

真冬でもTシャツ&ハーフパンツで参戦してきた(札幌でも)けど、それは浮くよなあ・・・。

と、いうことでTシャツ&ジーンズで参戦しました。

結果は大丈夫でした。

 

ただ女性が多くて困惑。

しかも下手すれば私が一番の高身長。

 

申し訳なかったけど私だってライブで前の奴がアフロだったことや、レスラーみたいな奴だったことがあるから、ライブって仕方ないんですよ・・・。

アフロはさすがに殴ろうかと思ったw

 

しかしながら、どれくらいの盛り上がりになるんだろう・・・?

最大の不安がよぎります。

 

いつもはこんな感じですからねw

www.youtube.com

  

ライブ開始

一番の感想はボーカルの前川さんの歌声!

 

CDと変わらねえ・・・。

ウマすぎ(ミュージシャンにこう言うのは失礼ですが)

 

そして温かい。

本当に温かい雰囲気でした。

前川さんの優しい歌声に包まれたライブハウスは、終始アットホームな空間でした。

 

しかもトークが上手いとか反則ですね。

ずっと笑い声が絶えませんでした。

 

すごく印象に残った事があります。

私が行くようなバンドは大抵は観客に対して「お前ら」ですw

前川さんは「あなた」と言います。

観客ひとりひとりに対して言ってくれてるんですよね。

しっかりと観客の顔を見て歌っていました。

※ちなみに「お前ら」って言うバンドを否定してませんよw好きですよw

 

何回も何回も観客に「ありがとう」と言っていました。

その言葉がすごく心に響きました。

 

ああ、これはまた来たいと思いましたわ。

 

 

セットリスト

代表曲しか知らないので、細かくはわかりません。

 

アンマー

アンマー

  • かりゆし58
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
オワリはじまり

オワリはじまり

  • かりゆし58
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
手と手

手と手

  • かりゆし58
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
電照菊

電照菊

  • かりゆし58
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

ココらへんは演奏しましたね。

新曲もやりました。

 

 

一番好きなのはコレ


かりゆし58「ナナ」

 

妻との思い出の曲です。

カラオケで「ナナ」のところを元カノの名前で唄ったら殴られましたw

  

知識もそこまでないまま行ったので、レビューとしては稚拙です(すいません)

けどそれを差し置いても、感動した気持ちを記したいと思いました。

 

 

まとめ(まとまってはいない)

ライブってのは観客も一緒に作るものです。

生き物のようなものです。

同じ演奏をしても観客がイマイチなら盛り上がりません。

けど観客と奏者が一体化したときに物凄いことになります。

それが堪らないから、またライブに行ってしまうんですよね。

 

ライブの代金は決して安くはないです。

CDを買ったほうが何回も聴けます。

けどそれじゃダメなんです。

ライブは心に軌跡を残します。

今まで行ったライブは(大体は)記憶あります。

 

上から人が降ってきてカカト落とし食らいました。

歩けなくなるくらいボロボロになったこともあります。

アザもできます。

声も枯れます。

誰の汗かわからないくらいに衣服がグチャグチャになります。

意識も飛びそうになります。

酸欠で運ばれる人もいました。

 

けどライブが終わった後はみんな笑ってるんですよね。

そんな魅力がライブハウスにはあるんです。

 

まあ、今回は疲れない、痛くない、声も枯れない、そんなライブでしたが、たまには良いですね。

まさに「心が洗われる」ライブでした。

 

怖がらなくていいです。

みんな初めてはあったんです。

ライブに行きましょう。

音楽を「感じに」ライブハウスにいきましょう。

 

 

私の次のライブは「男鹿ロックフェスティバル2016」です。

大暴れしてやります(物理的にではない)

 

いやあ、音楽って本当に良いですね!

 

 

 

ではでは!今日はここまで!

ごちそうさまでした!

 

 

当ブログは音楽が大好きです!

 

ロック好きにオススメしたいバンドとCD!厳選50選!!

ロック好きにオススメしたい名曲カバーCDを紹介!

オススメしたい女性ボーカルバンド10選! 

 

スポンサーリンク