全マシニキは今日も全マシ

秋田県在住。グルメ記事多めのブログです。商品レビューや広告依頼も受付中です。アイコンは自作のラーメンです。

スポンサーリンク

既婚&子持ちだけど仕事辞めてきたったwww

スポンサーリンク

全マシニキは今日も全マシィィィッ!

全マシニキです!

 

不景気ですねー。

株価は好調ですが、まったくと言っていいほど景気が良くなっている実感が湧きません(そして私の保有株は上がりません)

給料は変わらないのに物価は上がり続け、庶民の生活は苦しくなる一方です。

労働者が買い叩かれてブラック企業で溢れているのが当たり前の日本。

そして私も例外ではありませんでした。

そんな状況に何年も悩み続けました。

 

このままでいいのか?

 

このまま定年までジリ貧生活をするのか?

 

年金だって貰えないかもしれない。

 

死ぬまで薄給で今の会社に縛られ続けていいのか?

 

 

  

ということで仕事辞めちゃいましたwwwwww 

 

退職届のイラスト  

 

 

大卒で入社

Fラン大卒で夢も目標もなく、何となく就職します。

それでもまあそこそこ良い企業に入れたと思います(周りは高学歴もチラホラ)

大学まで行ってせっかく入った会社です。

 

「就職すれば頑張った分だけ評価されて、お金も貰えるんだよね?よし、頑張るぞ!」

 

たくさんの希望を抱き、私の社会人生活がスタートします。

・・・しかし、その意気込みは入社早々に打ち砕かれます。

 

 

パワハラの嵐

お前、それもできないの?

 

今まで何やってきたの?

 

お前の親の顔を見てみたいわ。

 

入社早々、酷い言葉を浴びせられる毎日でした。

新入社員にかける言葉とは思えません。

そもそも教えてもらっていないのにできるわけがありません。

歯向かおうにも、仕事を教えてもらえなくなることが一番怖かったです。

為す術がない私は耐えるしかありませんでした。

 

はい、入社すぐに仕事が大嫌いになりました。

 

 

転職が頭をよぎる、しかし田舎に仕事は無い

田舎は仕事がありません。

学歴も資格もない私に転職は非常に難しいです。

勉強してこなかったので自業自得なんですけど・・・w

 

まあ待遇はそこそこ良いから今は我慢するかあ・・・。

 

慣れとは怖いものです。

そうしているうちに、「転職も面倒だしとりあえず・・・」で仕事を続けます。

 

 

今思えば洗脳されていたあの頃

怒られるのは自分が悪いんだ。 

覚えが悪いのは自分が悪いんだ。  

もっと頑張らなくちゃいけない。 

 

いつの間にかそんな思考回路になっていました。

 

上司が大変なのはお前が及ばないからだ。 

仕事も一人前にできないくせに休みは一人前に休むのか? 

休みの日に仕事に来るくらいの熱意がなければ一人前にはなれんぞ。

 

 

ああ、仕事を休むのって悪いことなんだ。 

休みたいって言うと「やる気がない」って認識されてさらにキツく当たられるんだ。

 

 

仕事をして、家に帰る。

家に帰って、また仕事に行く。

 

私の20代前半の思い出はほとんどそれだけです。

 

  

多くの人が会社を辞めていった

新入社員の私を容赦なく叩く職場環境です。

なのでもちろん離職者が非常に多い会社でした。

1年で10人が新しく入社すれば10人辞めるような環境でした。

しかし当時の私は他の人が虐められている(あれを指導なんて言わない、言わせてはならない)のを見て見ぬふりをするしかできませんでした。

自分が虐められますからね。

何より自分の身を守るのに精一杯でした。

早く仕事を覚えて上司の力にならなければ・・・。

当時の私は完全に洗脳されていました。

立派な社畜の完成です。

 

 

同志を見つけられた幸運

なんでここまで仕事に身を捧げなきゃならないの?

休むのは悪いことなの?

洗脳されつつも、自分の置かれている状況がおかしいと思い始めました。

けれどそんなことを口になんてできません。

迫害されます。

 

多分、仕事が嫌いなんていう自分が異常者なんだろうな・・・。

 

そんなことさえ思っていました。

しかし、そんな時に同じ考えを持つ同僚に出会います。

仕事を頑張るのは当たり前だけど、プライベートもちゃんと楽しみたいよね。

良かった、別に仕事が嫌なのはおかしいことじゃなかったんだ。

安心しました。

そこから仕事の悩みを打ち明けられる仲間ができました。

彼とは一生の友人になれたと思っています。

 

プライベートを楽しむから仕事を頑張れるんだ。

 

今までの社会人生活がおかしかったことに気づきます。

少しずつ、人間らしい生活を取り戻し始めました。

 

 

 

 

仕事が嫌いと口に出せない人は意外と多い?

私自身が「仕事は大事だけどプライベートはもっと大事」というスタンスを貫き始めると、続々と同じ考えを持った人が周りに増えていきました。

だから、意外と言えないだけで仕事が嫌いな人って多いと思いましたね。

 

仕事は嫌い。

だけどやることをしっかりこなせば文句ないだろ?

 

プライベートを糧に仕事を頑張るうちに、私はそれなりに優秀な人材になっていたと思います。

上司から仕事を咎められることはなくなりました。

いつの間にか私を虐めていたお局なんかも私を頼りにし、ヘコヘコし始める始末です。

同志と交流も増え、プライベートでも仲良くなります。

先輩後輩は関係なく、仕事の話なんて一切せずに、職場の垣根を超えた友達が増えていきます。

この頃になると、社会人生活も楽しいと思えるようになってきました。

 

 

しかし心労でダウンしました

責任感が強く一人で抱え込みがちだった私は心労でダウンします。

異変を感じた妻に勧められ医者に行きます。

大事には至らず、軽いノイローゼ程度だろうとの結果でした。

出世を控えた時期でした。 

元々、仕事に情熱が無い私です。

出世を辞退する形を選びました。

上司に転勤願いを出し、新たな生活をスタートします。

今思えば、あれが人生の転機だったと思います。

収入は下がりましたが、それでもこっちの道を選んで正解でした。

 

 

転勤先で待ち構えていたのは、かつて私をイジメた上司だった

数年ぶりに、憎きパワハラ上司と一緒に仕事をすることになりました。

誰よりも仕事をこなせるようになった私。

もうあんな奴には負けない。

 

そしたらコイツ、メチャクチャ仕事できないんですよね。

 

私が受けたパワハラは、上司に余裕がなかったがための弱い者イジメでしかなかったのです。

もうガッカリです。

呆れました。

  

 

上司へ復讐

何を言われようが、私の憎しみが消えることはありませんでした。

ずっと憎み続けた上司への復讐のチャンスが来たのです。

でも「目には目を」なんてことはしません。

それをやってしまったら同じ穴のムジナです。

 

私は淡々と上司より早く的確に業務をこなしました。

それだけです。

それだけで周りは私を評価し、上司へ疑問を抱きます。

上司が不在の時は圧倒的に仕事をこなして、上司の無能さを周りに気づかせます。

私が彼にした復讐は本当にそれだけです。

彼は何を思ったでしょうか?

何も気づいてなかったかもしれません。

けれど彼の職場での評価は確実に下がったでしょう。

 

 

別の上司へも復讐

もう一人のパワハラ上司への復讐です。

とにかく理不尽に部下を怒鳴るタイプの上司でした。

ある日、私は部下へのパワハラに我慢できず、上司を叱責します。

 

そうしたら、私に一言も言い返してこれませんでした。

あんなに威張っていたのに。

この人もただの弱い者イジメだったんですね。

 

当時の職場はこの上司のせいで続々と退職者を出していた時期で、私は心底頭にきていたので上司の悪行を上層部に報告しました。

そのお陰もあってか、上司のパワハラはなくなりました。

けれど上司は何も咎められません。

こういう人間は降格させるべきだ。

そう思った私は上司の違法行為の証拠を突きつけて上層部に報告しました。

けれど上は見て見ぬふりでした。 

みんな自分の手を汚したくないのでしょう。

職場はさらに崩壊していきます。

私がいくら頑張っても止めようがありませんでした。

 

この会社、終わってんな。

完全に気持ちが切れました。 

 

 

因果応報

復讐に燃えていた私ですが、そんな必要はなかったのです。

権力だけで周りを押さえつけていた上司も徐々に立場が弱くなっていきます。

立場が弱くなれば、人も離れていきます。

元々の人間性がクズなので私生活もボロボロです。

復讐なんかしなくても、既にしっかり報いを受けていたのですよね。

彼らの人生はほぼ詰んでいたのです。

こんな人達のことを考えても自分が磨り減るだけだ。

もう止めにしよう。

 

 

この10年間、私を突き動かしてきたのは間違いなく復讐心だった

あの苦しみ、屈辱は消えることはありません。

一生忘れることはできないでしょう。

憎しみで突き動かされ続けた10年でした。

それをバネに仕事を覚えられた・・・なんてことは簡単に言えません。

多くの人が辞めていきました。

人生を狂わされた人もいるでしょう。

そのように、たくさんの犠牲の上で成り立つモノが教育だなんて認めません。 

しかし徐々に復讐心に飲み込まれる自分が怖くなっていきます。

毎日イライラし、黒い感情に支配されていくのがわかりました。

 

この人達が定年するまで待つことなんてできない!

 

もういいや。

もう辞めよう。

 

 

会社への最大の復讐

10年も勤めて辞めるのはもったいない、お前は上に行く人間だ、とたくさんの人に言われました。

けれど、この会社で定年まで働くのは人生を捨てるに等しいと思いました。

そっちの方がもったいないです。

そして今まで出世から逃げてきましたが、そろそろ逃げられなようです。

人手不足に困った会社は、もう私を平社員に留めてくれそうにありません。

人材をを大事にしなかった企業の末路です。

過信でもなんでもなく、私より仕事ができる人間の方が少ない会社です。

もう限界でした。

このままここにいたら、いつか壊れてしまう。

こんな劣悪な労働環境で出世させられてたまるものか。

 

だから辞めます

だからこそ辞めます。

 

企業にとって社員は駒です。

社員一人が辞めても変わらずに回ります。

けれど優秀な人材が辞めるのは困るでしょう?

だから優秀な人材になりました。

惜しまれて辞めます。

私の最後の復讐です。

 

「利益を作るのは人、だから人を一番大事にすべき」という信念を持って仕事をしてきましたが、会社は人を大事にしませんでした。

従業員を大事にしない企業に人生を預けることなんてできません。

 

 

 

人を残せたのが良かった

私は年上にヘコヘコするのが大嫌いで、どちらかというと楯突くタイプだったので、基本的に年上とは仲が悪いです。

けれど下の人間は守ってきたので、多くの部下に感謝されました。

一緒に働けて良かったと言われました。

もう、それだけでパワハラに苦しんだ過去が全て報われた気がします。

自分の部下には自分と同じ辛い思いをさせなかったというのは誇りです。

部下を育てられる人材が少ない会社なので、お前のような人間に辞められると痛いと言われたのも誇りです。

一番大事にしてきたことを評価されました。

10年間、私が突き通してきたことは間違いじゃなかったと思います。

たくさんの部下に慕ってもらい、惜しまれて辞められて幸せな気持ちでいっぱいです。

 

 

 

学歴は大事だけど縁と運も同じくらい大事

仕事を辞めるにもどうしようか。

学歴も資格もありません。

そんな時に友人から事業を始める話を聞きます。

「そのうち雇ってくれよなw」

飲み会での冗談半分でしたが、後日改めて話し合うことになります。

なんというタイミングでしょう。

このタイミングを逃したら今の仕事から逃げられなくなる。

私は事業に協力させていただくことにします。

 

学歴はものすごく大事です。

しかし人生は学歴だけで何とかなるものでもないと思います。

勉強や仕事ばっかりしていたら、こういうチャンスは掴めなかったと思います。

 

 

友人と仕事するのは怖い?

私は尊敬できる人間と仕事がしたいです。

残念ながら、職場に尊敬できる上司は皆無でした。

 

「友人と仕事をして良いことなんてないぞ」という意見をいただくこともありました。

しかし、一緒に仕事を始めようとしている友人は、友人である前に人間として尊敬しています。

友人だから仕事をするんじゃない。

こいつだから一緒にやってみたいんだ。

尊敬する人に求められる。

そして私はコイツがどんな凄いことをするか見たい。

協力したい。

何も迷いはありませんでした。

 

 

既婚で仕事を辞めるということ

これがなかなか大変かもしれません。

反対する奥さんも多いのではないでしょうか?

しかし私に至っては妻は何も言いませんでした。

むしろ肯定的でした。

私の働く姿を見てきて、色々と感じてくれたところもあるでしょう。

それがとても助かりました。

 

しかし親は怒りましたね。

仕事を辞めたって良いことなんてない!

どこに行ったって同じだ!

お前に忍耐力がないだけだ!

好景気を経験し、終身雇用でガッツリ稼いで、おまけに年金を貰い逃げできる世代にそんなことを言われてもどうしようもないです。

そもそも転職経験のない人間に「転職は良くない」と言われても根拠がないです。

「大学まで行かせてやって勝手に会社を辞めるとか筋が通ってない」とも言われました。

でも自分のことは自分が一番わかっています。

この会社に居続けたら壊されると思いました。

だから強行退職しました。

というか仕事を辞めたことは伝えていません。

この点は最後まで理解は得られませんでした。

しかし私ももう30過ぎた大人です。

過干渉も困るものです。

これだけが非常に残念でした。

 

 

第一子が誕生しました

子どもが生まれるのに退職?

そう思う人も多いことでしょう。

 

違います。

子どもが生まれるからこそ退職するんです!

 

今の会社で働きながら子育てするのは厳しいです。

家族との時間を考えた結果です。

今の会社でずっとイライラして生きたくないです。

生まれたての我が子との時間を大事にしたいです。

穏やかな人生を歩みたいです。

 

子供が産まれるタイミングで仕事を辞めたことは本当に良かったです。

妻の育児の負担も幾らか減らせられます。

一番大事な時期に子供との時間をたくさん作れます。

何より、子供が可愛くて仕事なんて行きたくありませんねw

 

 

マイホームを建てました

仕事を辞めて、子どもが産まれて、家まで建てちゃいました!!!

 

なかなかロックじゃないですか?

私の事業への決意の強さです。

退路は断ちました。

友人に「お前に私の人生は預けた」というのは他力本願すぎますかね。

お互い「背中は任せた」となれるように頑張ります。

私の人生の半分は彼に捧げます。

もう半分は妻と子に捧げます。

妻と同じくらい大事な友人がいるって素晴らしくないですか?

ケンカをすることもあるでしょう。

それでも死ぬまで彼と仕事することを選びました。

 

 

いざ辞めるとなったら会社へ感謝の気持ちが芽生えた

会社を辞めたら労働基準監督署に駆け込むつもりでした。

けれど、もうどうでも良くなりました。

どうせ辞めるからいいかってなりました。

退職者はみんなこういう気持ちになるからブラック企業ってなくならないんですね・・・w

 

ブラックと言うには真っ黒でもない、でも絶対ホワイトではない会社でした。

けれど私はこの会社で10年間過ごし、メシを食わせてもらいました。

良い思い出より、嫌なことの方が圧倒的に多かったです。

けれど、たくさんの素敵な人と出会えました。

会社を辞めてもずっと付き合っていける友人がたくさんできました。

ブログを始めて全国に友達ができることもなかったでしょう。

今の会社に入っていなければ妻と出会うこともありませんでした。

我が子を抱くこともなかったということです。

たくさんの財産を得られました。

 

会社は大嫌いです。

けれど、今の会社に入って本当に良かったと心から思っています。

  

 

大嫌いな上司にも感謝しています

色々な人に本当に嫌なことをたくさんされてきました。

でもそれにも感謝できるようになりました。

パワハラに苦しんだからこそ、人に優しくなれたと思うからです。

自分がされて嫌なことは絶対に部下にしませんでした。

お陰で多くの人に慕われる人間になれました。

苦しかったですけど、結果的に良かったです。

パワハラを容認するわけではないですけどね。

  

 

ブログのおかげで会社を辞められた?

わずかですが、このブログは広告収入を得ています。

そしてブログ以外にもわずかながら収入源があります。

副業の収入だけで食べていけることはありません。

けれどかなり助かっています。

副収入があったお陰で妻の仕事を辞めさせて出産に専念させることもできました。

なので、ブログが会社を辞めるのを後押しくらいはしてくれました。

副収入があるのは本当にありがたいです。

副収入のお陰で、事業を立ち上げる前に早めに仕事を辞めて少しゆっくりできます。

  

誰しもがプロブロガーにはなれません。

ネット収入だけで生活できる方はほんの一握りです。

けれどブログは生活の助けにはなります。

ブログで人生が変わったと言えば大袈裟かもしれませんが、ブログのお陰で素晴らしかった人生がもっと素晴らしくなりました。

 

 

10年のサラリーマン生活で学んだこと

就活はギャンブルに近い

どんなに良い大学を出て、どんなに良い企業に入れても、上司がクソだと人生詰みます。

壊される前に逃げるという選択肢も大事です。

身体を壊すほど働いたって会社は面倒見てくれませんから。

 

副収入を持つことが助けになる

もちろん本業で稼げるなら問題ありません。

しかしそうじゃない人も多いです。

私は仕事の合間を縫って副業を始めました。

同期や上司が出世していく中、平社員を続けました。

けれど恐らく私の方が年収は上です。

残業代を稼がなくてもいいので早く帰り、プライベートが充実しました。

とても幸せです。

仕事を辞める後押しにもなってくれました。

 

外の世界を見よう

仕事しかしていないと、視野が狭くなります。

会社の人としか接していないと、考えが偏ります。

非常に危険なことだと思います。

積極的に会社以外のコミュニティーに参加しましょう。

仕事は忙しいのを理由にしてはいけません。

色々な人の考えを聞き、色々な経験を詰むことが人生の糧になります。

また、その経験や人脈が人生の助けになることだってあります(私の場合はそうでした)

 

特に学生や就活生に覚えておいて欲しいです。

勉強はもちろん大事ですが、勉強しかしてこなかった人間も世の中に出てから苦労するケースも少なくありません。

人との繋がりをたくさん持ち、心を養うことも人生において大事なことだと思います。

私は学校の勉強はあまりしてこない人間でしたが、素敵な友人はたくさんいます。

それが一番の財産です。

お金がないと生活はできませんが、お金だけで幸せにはなれません。

私はお金は最低限あればいいです。

人との繋がりが一番大事です。 

 

 

人生のピークは今。そしてこれからもさらに楽しくなる!

長年のストレスから開放されて、とても清々しい毎日を送っています。

子供が産まれるのに合わせて仕事を辞めて本当に良かったです。

妻と子供とたくさん過ごせることが幸せです。

尊敬する人と仕事ができます。

たくさんの良い友人に恵まれました。

ブログを通じて全国にも友達ができました。

たくさんの人に支えられて生きてきて、これからも支えられて生きていきます。

 

余談ですが、仕事を辞めたことで暴飲暴食がなくなりました。

やはり仕事が相当なストレスだったのだと思います。

サラリーマンを辞めることの不安よりも、これからの人生への期待のほうが遥かに上回っています。

これからどんな人生が待っているのか?

楽しみで仕方がありません。

辛いこともあるでしょう。

しかし自分の選んだ道です。

妻と子供が笑って生きて行けるように頑張ります。

 

 

 

大嫌いな会社様

今までありがとうございました

たくさんたくさん苦しめられましたが

今は感謝しかありません

本当に感謝しています

でももう少し人材を大事にした方がいいと思いますよ? 

 

 

おわりに 

仕事を辞めたものの、新しい事業の準備、引越し準備、子育て、お世話になった人たちへの挨拶周りなど、あまりゆっくりしている暇はないかもしれません。

だけど社会人になってから今までできなかった分、ゆっくりしたいと思います。 

イライラしっぱらしだったサラリーマン生活から開放されて、毎日とても穏やかな気分です。

もうあんな気持ちを味あわなくて済むっていうのが一番嬉しいです。

 

 

さて、これから人生やり直します。

これから一生暇しそうにないですね。

大変なことも多いでしょうが、第二の人生のスタートです!!!

 

 

ではでは!今日はここまで!

ごちそうさまでした! 

 

 

 

  

スポンサーリンク