全マシニキは今日も全マシ

秋田県ブロガー。累計1400万回読まれているグルメ記事多めのブログです。アイコンは自作のラーメンです。

スポンサーリンク

ヒトの上に立つ方が重いということを自覚して仕事してますか?

スポンサーリンク

※2018年9月更新

 

全マシニキは今日も全マシィィィッ!

全マシニキです!

 

私は大学卒業後、地方中小企業で10年間努めました。

地元では大手でしたが、根っからの古い体質で、パワハラ、モラハラ、セクハラが当たり前の様に横行し、離職率が非常に高い劣悪な環境でした。

その中で、とても良くして下さった職場のボス一言があります。

今はその会社を辞めてしまいましたが、今でもその言葉は私には重く、それを忘れることなく仕事に向き合ってはおります。

 

 

ヒトの上に立つということは、そのヒトの人生を左右する。

 

 

それくらい重大なことなのです。

あなたは部下の人生を背負って、きちんとした指導ができていますか?

 

 

f:id:allmashit:20160905171343p:plain

 

 

いつだって仕事を辞めたかった

私自身も入社早々に酷いパワハラに遭い、すぐに仕事が大嫌いになりました。

しかし年月が経ち、社内でも実力を認められるまでになります。

それでも私は仕事が大嫌いなままでした。

だから「出世はしたくない」と出世を蹴って、ずっと平社員をしていました。

「こんな地位にいるのはもったいない」と言ってくれる方もたくさんいました。

私は人より優れているなんて特に思っていません。

ただ、多くの部下は私を慕ってくれていました。

 

理由はただ一つです。 

私が「言われて嫌だったこと」、「されて嫌だったこと」を下の人間にしていないだけだったと思います。

 

それをできない人間が世の中には多すぎるだけです。

だから相対的に私が優秀だと思われているだけなのです。

当たり前に人の心を汲み取れない管理職があまりに多すぎました。

それができないだけで職場の士気は著しく下がります。

どんなに忙しくてイライラしていたって、部下のモチベーションを下げるようなことは絶対にすべきではありません。

私の勤めていた企業は特にそうだったと思います。 

 

所詮、下の人間なんて会社で実績を挙げるための「駒」なんですよね。

しかし私は絶対にそうは思いません。

会社を辞めた今でも絶対にコレだけは譲れません。

 

「駒」じゃない「人間」だ。

 

  

社員を大事にすることが一番の投資では? 

私は別に出世しても普通に仕事をこなせました。

そんな人材がなぜ仕事が嫌いで趣味に生きる事を選ばせたのだと思いますか?

それって企業にとっても物凄い損失だと思うんです。

 

けれど私をそうさせたのは、職場の環境ですよ?

 

前述にもありますが、私は新卒で入社した企業で強烈なパワーハラスメントを受けました。

ちょっとしたミスなのに親まで否定されたことがあります。

ここには書き込めないようなえげつないことも言われました。

当時は自分を守る術などなく、苦痛に耐えるしかできませんでした。

理不尽な思いをたくさんしました。

そんな毎日が続くと、毎日出勤するのが本当に嫌になります。

 

もしかしたら「厳しくして成長を促すため」と思っていたかもしれませんが、そんな事をしてヒトが育つと思っている時点で大間違いです。

 

厳しさを履き違えていますよ。

 

「仕事に行きたくない」と思わせるくらいに社員を追い込んで、何のメリットがあるのでしょう?

私は今でも理解できません。 

それくらい「ヒトの上に立つ責任」果たしていない当時の職場環境でした。

 

この時のクソ上司は完全に私の生き方に影響しました(後に復讐してやりましたが)

部署のトップが下っぱを虐めたら他の人間も見下しますしね。

だから他の社員も私に牙を剥きます。

典型的な弱いモノ虐めでした。

だから私はすっかり仕事が嫌いになりました。

 

生活のために金が要る、そのためだけに働く

憎しみに溢れた私は仕事を覚えた後は、上述の人間を正論でやっつけて悠々自適に仕事しています。

 

おかげさまで趣味に生きられて、とても充実した毎日を過ごせていますがね・・・。

結果的には人生がいい方向に転がりました。 

けれど大抵の人間はそこに達することができずに退職していきます。

そろそろ気づくべきじゃないですか?

 

数ある企業の中で自社を選んで働いていただいているということに!

 

まあ無理でしょうがね。

物事は簡単にそう変わらないですから。

 

企業は存続するために利益を出さなければならないのは承知の上で述べています。

 

辞めた人間は悪評を拡げる。

余計に人手不足になる。

人手が足りないとパワハラ体質の人間は大抵イライラする。

周囲に八つ当たりする。

人が辞める。

それでいて口を揃えて「人手が足りない!」

 

人が足りない職場は大抵はこの現象が起きています。

原因はわかっているのに何も手を打たない。

または手を打てない。

それが今の日本の労働環境の多くのケースではないでしょうか?

利益を出すためには従業員を一番大事に考えなければいけないのに、多くの企業は「人は駒」なんです。 

 

なぜ企業はそこに気づかないのか不思議で仕方ない

もっと自社のブランドを大事にしましょうよ。 

目先の利益しか考えられない人間が多いからこうなるんです。

会社という組織では合格でも、社会に出たら0点の人間ですよ。

 

そいつらを駆逐したいっていう想いは強かったです。

でも自分の生活が一番です。

私は仕事は最低限、私生活フルスロットル。

けど最低限すらできない人間が多いから私が出世させられそうになってしまうんですよねw

社畜のくせに私より仕事できないとか勘弁してほしかったです。

私の3倍の期間も社会人やってきて、今まで何をしてきたのでしょう?  

職場で部下の教育の際に必ず教えることがあります。

 

「仕事しかないつまらない人間になるな。」

 

狭い「カイシャ」という組織だけじゃなく、外の世界との繋がりを持って欲しかったからです。

「カイシャが常識」になって欲しくなかったです。

仕事を教えるのではなく「ヒトとしての在り方」を教えました。

上に立つ人間の重要性は、身を持って理解しています。

だから私は彼らの人生に責任を持って接しているつもりです。

「一回で覚えろ」

「教えなくても察しろ」

「見て盗め」

こんなこと言っている人間、まだまだいますよね?

 

バカか。

人にモノを教える時は小さい子に教えるくらい丁寧に教えろ。

最初からできる人間なんていない。

部下が覚えられない大抵のケースは上司の指導力不足だ。

 

 

だから仕事を辞めました

結婚し、30歳を過ぎ、子供が生まれ・・・

余計に仕事が辞められない状況になった私でしたが、このタイミングで仕事を辞めました。

周りには心配されましたが、何とか生きています。

収入は下がりましたが、前の会社に人生を捧げずに済んで嬉しい思いでいっぱいです。

 

だってせっかくの一度きりの人生を仕事だけで終えるなんてもったいなくないですか??

  

私は毎日、笑って生きていきたいだけなんです。

そして、せめて自分の下の人間には同じ想いをさせたくなかっただけなんです。

ただそれだけ。

 

・・・ヒトの上に立つ方が重いんです。

 

私が辞めた企業は今でもヒトが辞めて酷い状況になっているそうな・・・。

 

 

無理して辛い会社に居続けるのは無駄

今の若い人材は売り手市場になりつつあります。

そんな中で合わない会社で消耗し続ける人生が幸せと言えますか?

企業が合わないのはあなたが悪いわけではありません。

企業によって体質がありますから仕方のない事なのです。 

みなさんは転職を考えたことはありますか?

私は入社早々考え、その思いがさらに強まって、ついに退職に至りました。

この先の人生を考えたら、考え方が合わない会社に何十年も居続けるということは、とても恐ろしいことだとと思えました。

 

転職サイトを利用していますか?

キャリコネ転職サービス

 

こちらの「キャリコネ転職サービス」では無料会員登録で様々なサービスを受けることができます。

ハローワークに行くだけではなく、こういったオンラインのサービスを活用することが転職では大事になってきます。

 

主なサービス

こちらのサービスは、「今すぐ転職したい!」という方以外でも活用できる点が多いです。

企業の求人に加え、実際の企業の口コミも閲覧できます。

企業の口コミを知れるというのは、転職活動に非常に有益な情報です。

これらの情報を完全に鵜呑みにするのも良くないですが、「他の企業はどうなっているのかな?」と気になっている方も利用する価値ありです。

 

私も、転職活動中は色々なサービスを活用していました。

転職のウェブサービスはたくさんあります。

サービスにも一長一短がありますから使えるものは何でも使いましょう(無料ですし)

 

「今の会社のままでいいのかな?」と感じている方がいたら無料ですので利用してみてください。 

1人で悩むより転職コンサルタントに相談しながら転職活動を勧めた方がいいですよ。

職場が合わないなら逃げることも大事です。

会社の体質は簡単に変わりません。

 

 

詳しくはこちらをどうぞ!

気になった方は見てみてください!

 

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 

私も仕事を辞めることを考え、転職活動している間は様々な無料サービスを利用しました。

そんな中、コレ系の利用者投稿型の転職サイトって意外と侮れませんよ?

辞めた会社の辞めた人間が書いたであろうリアルな口コミが多数あり、信憑性あるなあと笑ってしまった程です。 

転職を考えている方は、積極的にこういった無料サービスを活用することをオススメします! 

 

 

もちろん「冷静に考えて転職を止める」というのも大事な選択肢のひとつです。

一度の人生、笑って生きられるように頑張りましょう!

 

 

  

 

では!今日はここまで!

ごちそうさまでした!

 

 

人気記事もどうぞ! 

私にパワハラをした上司たちに復讐した

私が仕事を頑張るのを止めた理由。

新社会人に大事だと思うことを社会人10年目が挙げてみる 

 

 

スポンサーリンク