全マシニキは今日も全マシ

月間5~60万PVくらいのグルメ記事多めのブログです。商品レビューや広告依頼も受付中です。アイコンは自作のラーメンです。

スポンサーリンク

今年も新入社員が配属されたわけだが・・・

スポンサーリンク

全マシニキは今日も全マシィィィッ!

全マシニキです!

 

さて、4月も半分が終わりましたね。

先日、私の職場にも新入社員が配属されました。

私の直属ではないので、おそらく絡むことはほとんどないでしょうけど・・・。

今回は新入社員を見て思ったことを綴ります。

  

新社会人に贈ります

私が社会人になって10年以上が経過しました。

すっかりオッサンになりかけています。

この前まで大学生だった気がしますが、時の流れは早いものです。

 

この前まで「10年前は高校生」だったのに、気がつけば「10年前は大学生」になってました。

今では「10年前も社会人」です。

もうオッサンだなあとしみじみ思います。

けれどこの時期は新入社員が配属で刺激されて「よし、私も初心に帰ってがんばろう!」

  

なんて全く思わなくなりましたねえw

 

それくらい汚れてしまいました。

 

 

新入社員に刺激なんて受けなくなった

まあ、基本的に仕事熱心じゃないですからね。

もちろん給料をいただいていますので、ちゃんと働いてますよ。

けどそれ以上でも以下でもありません。

出世なんてしたいと思いませんし、ただただ静かに暮らしたいです。

いつでも早く帰宅したい一心で働いてます。

 

何より会社に絶望したので、頑張ろうなんて思わなくなりましたよね(人生には希望を持って生きてますけど)

愛社精神が無いんですよね。

まあ会社も従業員を大事にしてくれないし、お互い様でしょう。

 

私の世代になると、仕事人間になるか私生活に生きるかハッキリと二極化している印象があります(少なくとも私の周りでは)

じゃあ、どうやって企業は従業員に頑張ってもらえばいいのでしょうね?

 

従業員を大事にすればいいだけだと思います。

そして新入社員は、さらに大事にしないといけないと思います。

悪く言えば洗脳ですw

 

 

新入社員は可愛い

やっぱり可愛いもんですよ。

ニコニコして生き生きしてます。

それでいて、慣れない環境で不安気です。

みんなで守って一人前に育てていかなければいけません。

最初は赤子のように優しく扱うべきです。

それで今回、新入社員を見て、改めて感じたことがあります・・・。

 

当時の私を周りを取り巻く環境は本当にクソだったんだな、と。

 

 

私の新入社員時代

過去記事です。

もし良かったら読んでみてください。

ワイが職場で浴びた暴言で打線組んだったwww 

 

私が新入社員の時に浴びた暴言を中心に打線を組んだ記事です。

批判もありましたが、なかなか反響がありました。

 

記事を簡単に説明するならば

配属初日に仕事ができないことを責められる

仕事を教わってないのにミスを怒鳴る(仕事を教えるのが絶望的に下手)

毎日ネチネチ嫌味を言われる

行きたくない飲み会に連れられて説教される

などなどです。

 

「こんなん言われる人間に問題があるんだろ」というコメントを頂いたりもしましたが、配属初日で言われたりもしてるのですから無理ゲーですw 

そして私が中堅になった今、何もわからない新入社員に同じ言葉を浴びせられるでしょうか?

 

絶対無理です。

 

何を好き好んで無抵抗な新入社員に罵声を浴びせられるというのでしょうか。

彼ら(彼女ら)の顔を見たら、絶対に無理ですわ・・・。 

なので今回、改めて思いました。

 

当時の職場の人間は本当にクソ野郎ばかりだったのだな、と。 

 

逆に自分の息子や娘が職場で同じ目に遭ったら・・・とか何も考えられないのでしょうね。

人として終わってますよ。 

私の場合は仕事覚えて全員黙らせましたけど(はあと)

 

 

現在の状況

私が入社した頃に比べると、だいぶ人材育成を大事にするようになりましたね。

まだまだ古い体質の人間が多くて大変ですが。

けれど若手の離職率が多いのもあってか、上司も相当「言葉づかい」「仕事の教え方」について釘を刺してきます(逆に言うならそこまで言わないと出来ない人間が多い情けない企業です)

 

けど今さら遅いんですよね。

人手不足になってから焦るのではなく、人が辞めないようなマネジメントをしてくるべきでした。

人が足りなくなってから慌てても、そんな状態では教育にまで手が回らないですから。

考えればわかることなのに、どうして先を見れなかったのでしょう(若手の私は見えていたのに)

私はずっと「会社の利益も大事だが、人材育成を大事にすべきだ」と唱えてきたのですが相手にされませんでした(下っぱの意見ですから当然ですけど)

それでも願うことは他の若手が私のような思いをして欲しくないということです。

 

今回、改めて思ったことがもう一つあります。

やっぱりパワハラ野郎は大嫌いです。

言われたり、されたりした事は一生忘れないでしょう。

なので私は彼らが仕事しづらい環境づくりに努めていきたいです(だいぶやってるけどw)

けれど人生を捧げて組織を変えよう!という気持ちはまったくないです。

これからも私が手の届く範囲は救います。

自分の体調が一番大事ですから、そこまでは頑張れません。

働いて家族を守ることが最優先ですので。

 

いつも述べているのですが、新社会人には強く楽しく生きて欲しいです。

もし、私も今の環境で入社して来られて、優しい先輩がいたら少しは仕事を好きになったりできたのかなあと思ってしまいました。

仕事を少しでも楽しいと思えたら全く別の人生があったかもしれませんね。

お陰で私生活が充実して楽しく生きているから、結果的にパワハラを受けられて良かったのかもしれませんが・・・。

 

企業は私のような「会社が大嫌いな人間」を生み出さないように努めてはどうですか?

 

 

ではでは!今日はここまで!

ごちそうさまでした!

 

 

人の上に立つ方が重いのです。 

 

  

働きやすい社会になって欲しいです。 

新社会人に大事だと思うことを社会人10年目が挙げてみる

私にパワハラをした上司たちに復讐した 

社会で戦っていける後輩を育て終えて思うこと 

 

   

スポンサーリンク