全マシニキは今日も全マシ

秋田県ブロガー。累計1600万回読まれているグルメ記事多めのブログです。アイコンは自作のラーメンです。

スポンサーリンク

【結婚や生活】 転勤族になることのメリットとデメリット 【就職活動】

スポンサーリンク

※2018年3月更新

全マシニキは今日も全マシィィィッ!

全マシニキです!

 

楽しい学生生活も終わりに近づき、「就職活動」という現実が立ちはだかります。

学生の皆さんは就活がんばってますか?

 

今回は私の経験を元に少しだけアドバイスをさせていただきます。

少しでも皆さんの参考になればいいかと思います。

また、転職を考えている転勤族の方にも読んで欲しいですね。

 

f:id:allmashit:20170302201552p:plain

  

就職&転職活動

皆さんはどんな仕事をしたいですか?

希望職種はありますか? 

正直、就職なんて就いてみないとわからない、ギャンブル要素も多いです。

就職先にクソみたいな上司がいたら詰みます。

私もそれで苦労しました・・・。

 

f:id:allmashit:20170302201632p:plain

 

しかし、先に知っておくことで防げる問題もあると思います。

今回、私が述べるのは「転勤」についてです。

 

 

転勤族

あなたの目指す職種は転勤ありですか?なしですか?

それについて、就く前によく考えてみたほうがいいですよ。 

私もかつては転勤族でした。

若い時は何も考えず「まあ就職できればいっか!」くらいで就職先を決めました。

 

f:id:allmashit:20170302201719p:plain

 

その時は良かったんですよ。

最初から知らない土地で色々と大変な思いもしましたけどね。

けれど歳を取るにつれて、頻繁に転勤がある職に就いてしまったということで色々な問題が発生します。

と、言うことで私が転勤族を経験したメリット・デメリットの紹介をします。

あくまで私の主観ですので、どう捉えるかは人それぞれです。

けれど失敗しないために覚えていて欲しいのです。

 

今時、転勤がない職のほうが珍しいです。

けれど就職する前に今一度考えてみてください。

数年後に後悔しないために・・・

まずはデメリットからです。

 

デメリット1 引っ越しの労力

引っ越しって本当に大変です。

急に「来週、転勤ね」なんてことも珍しくなかったです。

仕事をしながら引っ越しの荷造り、転居先探し、電気・ガス・水道・ネットの手続きなどなど・・・本当に大変です。

 

1~2年ごとに転勤させられている人なんて見ていて悲惨でしたね。

いくら転勤に会社が費用を出してくれても、お金だけの問題じゃないんですよね。

引越し後もやることがたくさんありますので本当に疲れます。

悪い大家に当たると退去費用で揉めて余計に疲れるなんてことも・・・。

 

デメリット2 恋愛&結婚

f:id:allmashit:20170302202014p:plain

 

恋愛&結婚の際に転勤というのは、かなりの障壁になると思います。

転勤によって恋人と別れてしまったという人も周りに少なくありません。

パートナーが仕事を辞められるか、転勤先で職が見つかるか、などという問題が出てきます。

 

「自分は結婚なんてしないから大丈夫!」なんて若いうちは思っていても、年を取ると考えは変わってきます。

私も若い頃は「結婚なんてしたくねえw」って思ってましたけど、家に帰って家族がいるというのは良いことですよ。

年を取るに連れ、独り暮らしはキツくなっていきます。

 

デメリット3 子育て

f:id:allmashit:20170317214007p:plain

 

無事に結婚できても、次の問題はコレです。

旦那が一人の稼ぎで何とかなるなら問題ないのでしょうが、今の御時世は多くの人が共働きじゃないと生活できないでしょう。

「転勤先で頼れる人がいない」ということになることだってあります。

そうすると奥さんは働けませんよね。

幼稚園、保育園があっても、もしもの時に子供の面倒を頼める人がいないという状況は、仕事に支障をきたすこともあります。

そのことに理解がある職場ならいいのですが、まだまだ子育てに理解がない企業が多いのも事実です。

ちなみに私は子供が産まれるタイミングで仕事を辞めました。

家族を優先させるためです。

家庭を持つと家族を優先させてくれる今の職場ほど助かるものはありません。

逆に家族に理解のない会社は今後の身の振り方を考えたほうがいいと思いますよ。

若いうちほどやり直しはしやすいです。

こどもが大きくなってから転校させるのも嫌ですしね。

かと言って単身赴任も嫌です。

 

デメリット4 家が建てられない

f:id:allmashit:20170317214125p:plain

 

これは人によって賛否はあると思いますが、ずっと賃貸住宅に住むよりなら定住してマイホームがあったほうがいいですよね。

しかし転勤族だとそれが困難です。

子供ができて、成長して、となると賃貸だと部屋が足りなくなるんですよね。

大きい賃貸住宅を借りるほうが住宅ローンよりも高くつく場合もあります。

 

私の昔の職場では「家を建てたけれど転勤続きでずっと単身赴任のため、家に住んだことがない」という人がいましたね。

見ていて悲惨でしたね。

「家に金を入れるだけの人」と化していました。

恐ろしいことに、こういう目に遭っている人って結構多いんですよね。

 

転勤族は、とにかく人生設計が難しい

「どれくらいの範囲や頻度で転勤があるか」

これによって変わってきますが、引っ越しを要する転勤が頻繁にある職に就いてしまうと大変です。

 

私はお金のことよりも人生設計ができないのが辛くて仕事を辞めましたからね。

確かに年収は下がりましたが、定住できたのは今後の人生において非常に大きなメリットです。

引っ越す労力を考えると年収が数十万下がったところで困りません。

それを考慮してもプラスです。

 

次は転勤族のメリットの紹介です。

 

メリット1 人間関係で悩んでも転勤がある

嫌いな人がいても、ずっと同じ職場ではないです。

よほどのクソ上司でない限りは「少しのガマンだ」と割り切れる場合もあります。 

嫌いな人間とずっと同じ職場で居続けるのは苦痛ですからね。

数少ないメリットです。

逆に、「せっかく良い職場だったのに転勤させられる」というデメリットにもなりえますけどね・・・。

 

メリット2 環境が変わることで気分転換になる

同じ職場に通い続けるのはマンネリになります。

私はかつての仕事が大嫌いだったという理由もありますが、数年経つとマンネリ化してさらに腐りましたw

職場や住まいが変わることでリフレッシュできることもあると思います。

 

メリット3 色々な出会いがある

転勤があればそれだけ人との出会いの機会も増えます。

いい人ばかりではないですが、その中でも素敵な出会いがあります。

友人だったり、パートナーだったり、美味しい飲食店だったり・・・。

 

私は転勤族だったお陰で妻と出会いましたし、たくさん友人もできました。

美味しいラーメン屋もたくさん見つけました。

この点は感謝しなくてはいけませんね(それ以上に嫌なこともたくさんありましたが)

 

 

就活&転勤で悩んでいる若者へ

転勤についての私の考えを挙げさせてもらいました。

個人的には「転勤はデメリットが圧倒的に多いかな」という考えです。

 

若いのうちにそこまで人生設計ができる人なんて、そうそういないと思います。

若いうちは「結婚なんかしないから」なんて言っていても、人の考えなんてけっこう簡単に変わります(私もそうでした)

私も就活している時に将来のことなんて全く考えられていなかったのですが、就活生には数年後の事をじっくり考えて就職活動をして欲しいですね。

様々なケースを想定しておくことに越したことはありません。

「いずれ親が歳を取ったら」「結婚したいと思った相手が転勤先についていけるか」「子供が出来た時」「子供の面倒を見られるか」「子供を何回も転校させられるか」「単身赴任になる可能性」などなど、色々な問題が発生します。

 

あなたがどうしても就きたい仕事ならそれも受け入れられるかもしれません。

けれど何となく入った会社が転勤あるだと後々困るかもしれません(私がそうでした)

 

「とりあえず就職できたらいいや」って考えの方は、特に注意してくださいね!

 

私はそれで就職して結果的に良かったことも多いですが、軽率だったと思っています。

就活生のみなさんは、内定がゴールじゃないことを理解してください。

その先の人生のほうが長いのです。

 

みなさんにステキな未来があることをお祈りしています!

 

f:id:allmashit:20170302202136p:plain

 

 

ではでは!今日はここまで!

ごちそうさまでした!

 

 

新社会人・就活生に読んで欲しい記事

【就活】 集団面接に潜む魔物に気をつけよう! 

新社会人に大事だと思うことを社会人10年目が挙げてみる 

すいませんを多用するとナメられるからありがとうと言おう。

 

 

スポンサーリンク